Print Page

Japan Enterprise Infrastructure Business Strategies (Japanese Version)

年間情報提供サービス「Japan Enterprise Infrastructure Business Strategies (Japanese Version)」は、国内エンタープライズインフラストラクチャ(サーバー、ストレージ)市場を配備モデル、配備場所、システムタイプなどの視点から競合分析や市場予測を行います。さらに新規テクノロジーの普及率などを調査することで国内エンタープライズインフラストラクチャ市場におけるビジネス機会の変化を考察します。既存ベンダーにはリーディングベンダーとして生き残っていくべき市場を、新興ベンダーにとっては新しい成長機会を提示し、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場におけるビジネス戦略を議論します。年間を通じて発行される調査報告書はすべて、同市場で成功を収めるためのビジネス戦略策定、プロダクトマネージメントや開発計画、マーケティング、販促活動などにお役立ていただけます。2021年は製品パッケージング別の分析を新たに加えています。なお、製品パッケージングは3分類とし、Non-packaged Infra、Packaged Infra. - Converged、Packaged Infra. – Purpose built applianceを予定しています。


Markets and Subjects Analyzed

  • SoR向けエンテープライズインフラストラクチャ
  • SoE向けエンタープライズインフラストラクチャ
  • SoI向けエンテープライズインフラストラクチャ
  • 配備モデル別(Public Cloud、Private Cloud、Traditional)
  • エンタープライズインフラストラクチャ
  • SoR:System of Record,
  • SoE:System of Engagement,
  • SoI:System of Insight

Core Research

  • 国内エンタープライズインフラのシステムタイプ別(SoR、SoE、SoI、Others)市場予測
  • 国内エンタープライズインフラの配備場所/配備モデル別市場予測
  • 国内エンタープライズインフラ市場バイヤータイプ別予測
  • 国内エンタープライズインフラ市場製品パッケージング別分析
  • 国内エンタープライズインフラのシステムタイプ別トレンド調査(ユーザー調査)
  • Product Packaging -
  • IDC FutureScape: Worldwide Enterprise Infrastructure 2021 Predictions - Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Enterprise Infrastructure Business Strategies (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内エンタープライズインフラ市場においてビジネス機会はどのように変化しているのか?
  2. 既存ベンダーと新興ベンダーが見出すべき成長機会とは?
  3. 国内エンタープライズインフラのシステムタイプ別(SoR、SoE、SoI、Others)市場規模予測は?
  4. 新技術(FPGA、GPU、Software-Defined Storageなど)の国内エンタープライズインフラ市場における影響は?
  5. SoIの普及は国内エンタープライズインフラ市場にどのような変化をもたらすか

Related Links


Meet the Experts
Masaaki Moriyama

Group Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Masayuki Shimokawabe

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Satoshi Fukutomi

Group Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Shinya Kato

Senior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan