By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Print Page

Japan Network Virtualization Strategies (Japanese Version)

企業や通信事業者のデジタルトランスフォーメーション実現に必要なネットワークインフラの進化において、ネットワーク仮想化は重要な役割を果たします。IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Network Virtualization Strategies (Japanese Version)」では、SDN(Software-Defined Network)やNFV(Network Functions Virtualization)を始めとするネットワーク仮想化/自動化技術とその市場に関する詳細な市場分析、予測、競合状況などを提供します。2020年は、成長する市場に合わせてより詳細な製品セグメントに基づいた分析と予測を提供していきます。


Markets and Subjects Analyzed

  • SDN(Software-Defined Network)
  • NFV(Network Functions Virtualization)
  • Network Disaggregation

Core Research

  • 国内ネットワーク仮想化/自動化市場 予測
  • 国内SDN、仮想化インフラストラクチャ市場 シェア
  • 国内ネットワーク仮想化市場 ベンダー動向
  • 国内ネットワーク仮想化市場 ユーザー調査
  • Japan Network Virtualization 2020 Top 10 Predictions

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Network Virtualization Strategies (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. SDNおよびNFV市場でどのベンダーが優位に立っているのか?
  2. ユーザーのSDNやNFVに対する需要性はあるのか?
  3. 実際にSDN技術を導入した企業は、どのような効果を上げているのか?
  4. Network Disaggregationは、国内で普及する可能性はあるのか?また、どのようなベンダーに市場機会があるのか?

Related Links


Meet the Experts
Kenichi Kusano

Group Manager, Communications, IDC Japan