Print Page

Japan Internet of Things: Infrastructure and the Intelligent Edge (Japanese Version)

IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Internet of Things: Infrastructure and the Intelligent Edge (Japanese Version)」は、ユーザーのIoT利用を実現するITインフラストラクチャに関する市場分析、市場予測などを報告します。本製品では、IoTの基本アーキテクチャーであるIoTの三層モデル*に基づき、クラウドまたはデータセンター層で使用されるIoTインフラストラクチャを「IoTコアインフラ」、エッジコンピューティング層で使用されるIoTインフラストラクチャを「IoTエッジインフラ」として定義します。これらの国内市場の現状や動向をデータとして捉え分析することで、国内市場におけるIoTインフラストラクチャの新しいビジネス機会を論じます。年間を通じて発行される調査報告書はすべて、同市場で成功を収めるためのビジネス戦略策定、プロダクトマネージメントや開発計画、マーケティング、販促活動などにお役立て頂けます。2021年は、調査対象を、IoTエッジインフラを含む、エッジコンピューティング市場全体に拡大し、エッジコンピューティングに資するインフラストラクチャの市場分析、市場予測を報告する予定です。

※IoTの三層モデル:「クラウドまたはデータセンター」「エッジコンピューティング」「IoTエンドポイント」


Markets and Subjects Analyzed

  • IoTエッジインフラ市場(IoTエッジ専用製品)
  • IoTエッジインフラ市場(汎用ITインフラ)
  • IoTコアインフラ市場(汎用ITインフラ)
  • 国内IoTエッジインフラ市場技術動向
  • 国内IoTエッジインフラ市場インテリジェントエッジ利用動向
  • 国内IoTインフラ市場主要ユースケース別動向

Core Research

  • 国内IoTエッジインフラ市場(Compute/Storage/Network別、主要ユースケース別、汎用サーバー/IoTエッジ専用製品別)
  • 国内IoTコアインフラ市場予測(Compute/Storage/Network別、主要ユースケース別)
  • 国内IoTエッジインフラ市場における競合分析(ITベンダー、IoTエッジ機器事業者、OTベンダー、パブリッククラウドサービスベンダーによる競争状況)
  • 主要ベンダーの製品戦略、製品技術動向調査
  • 国内IoTインフラユーザーにおける、インテリジェントエッジ導入事例調査
  • 国内IoTインフラユーザーのベンダー選定基準、インテリジェントエッジ利用状況調査(ユーザー調査)
  • 国内エッジコンピューティングインフラ市場予測
  • IDC FutureScape: Worldwide Enterprise infrastructure 2021 Predictions – Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Internet of Things: Infrastructure and the Intelligent Edge (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内IoTエッジインフラ市場、国内IoTコアインフラ市場の市場規模予測は?
  2. 国内IoTエッジインフラ市場における、ITベンダー、IoTエッジ機器事業者、OTベンダー、パブリッククラウドサービスベンダーによる競合状況と、期待できる新しいビジネス機会は?
  3. AI技術/画像認識技術などの新技術がIoTエッジインフラに与えるインパクトは?
  4. IoTインフラユーザーにおける、ベンダーの選定基準は何か?インテリジェントエッジの利用状況は?
  5. 国内IoTエッジインフラ市場における、ベンダーのビジネス成功要因は何か?
  6. 国内エッジコンピューティングインフラ市場全体の市場規模予測は?

Related Links


Meet the Experts
Masayuki Shimokawabe

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan