By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Print Page

Japan Internet of Things and OT Security (Japanese Version)

インターネットに接続される機器は年々増加しており、自動車や医療機器など、あらゆるものがネットワークで繋がる世界が到来します。ビジネスの機会と同時に、常時接続性の高いIoT(Internet of Things)デバイスはセキュリティリスクをもたらします。

また、運用/制御技術(OT : Operational Technology)セキュリティは、重要インフラサービスの安全かつ持続的に提供するため、システムや体制の強化が課題となっています。

IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Internet of Things and OT Security (Japanese Version)」 では、IoTデバイスやテクノロジーに関するセキュリティ製品(ハードウェアおよびソフトウェア)、および運用/制御技術(OT)に関わるセキュリティ製品とサービス市場全体を調査対象とし、主に企業のセキュリティ対策動向に焦点をあてて調査/分析、予測を行います。また製品を目的別に分類し、詳細な市場、ベンダー動向/予測や技術的な将来の方向性についても情報を提供します。


Markets and Subjects Analyzed

  • デバイス/センサーセキュリティ
  • ネットワーク/エッジセキュリティ
  • IoT物理セキュリティ/セーフティ
  • 産業用制御システム(ICS)および監視制御およびデータ収集(SCADA)システムに対するIoTのリスク
  • IoT関連のアクセス制御と脅威管理

Core Research

  • 分類と定義
  • 国内IoT/OTセキュリティ市場予測
  • 国内IoT/OTセキュリティ市場 企業ユーザー動向調査:セキュリティ対策投資動向
  • IoT物理セキュリティ/セーフティ市場予測
  • IoT/OTセキュリティMaturityScape

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Internet of Things and OT Security (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内企業のIoT/OTセキュリティ導入状況、また今後の導入についての方向性とベンダーに対する期待は?
  2. 国内IoT/OTセキュリティ市場規模と今後の予測は?
  3. IoT/OTセキュリティにおける重要技術と、ベンダー製品は?
  4. IoT/OTセキュリティソリューションの導入実態と動向および市場規模は?
  5. 国内情報IoT/OTセキュリティ市場での成長要因は何か?
  6. 国内情報IoT/OTセキュリティ市場に必要なビジネス戦略とは?

Related Links


Meet the Experts
Kenichi Akama

Research Manager