TECH SUPPLIER Aug 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ42847618

2018年 国内エッジコンピューティング市場分析:通信事業者のエッジコンピューティングはビジネスとして成立するか

By: Yoko OnoResearch Manager, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、エッジコンピューティングの最新動向について分析するものである。本調査レポートでは特に、プラットフォームと通信レイヤーに焦点を合わせて、サービス事業者のオファリングを調査し、その競争について考察している。さらに、国内の広域ネットワークのエッジにおいて提供されるエッジコンピューティングサービスのビジネス成立の可能性についても考察している。

エッジコンピューティングはデータ処理、クラウド、SDN/NFVが融合した技術領域として進化していく。「通信事業者にとって、今後、物理ネットワークに注力し、エッジコンピューティング、データ処理、オーバーレイネットワークを他社とのパートナーシップで提供していくのか、あるいは、これらを自ら構築していくのかが、今後、選択すべき重要事項になる」とIDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである小野 陽子は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us