TECH SUPPLIER Jul 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ42848718

2018年 国内コネクテッドビークル市場動向(個人ユーザー市場編):ITサプライヤーの事業機会の広がり

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、個人ユーザーが車の所有者となる場合のコネクテッドビークルユースケースやサービスに関わるITサプライヤーの事業機会の広がりを考察したものである。

本調査レポートにおける顧客価値分析から、「安全性/安心感」を訴求するサービスを付加価値化することが、サービス事業者にとっての収益化への近道と推測される。他方、「効率性/快適性」を訴求するサービス領域においては、明確なターゲット顧客を設定したパーソナルアシスタントサービスの展開が収益機会を高める。IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康は「ITサプライヤーは「安全性/安心感」領域を中心とするエンドユーザーの価値認識レベルの高いサービスの進化の方向性を見定め、自動車OEMが未着手、あるいは開発途上のソリューション提案による自動車OEMに対する収益貢献シナリオを探るべきである」と述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version) , Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version with Key English Language Reports)


Companies Covered

Toyota Motor Corporation, MOTORS LIQUIDATION COMPANY


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Connected vehicle


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us