TECH BUYER Aug 2018 - IDC PeerScape - Doc # JPJ42870018

IDC PeerScape: Practices for Innovation in Optimizing Virtual Client Computing in Japan

By: Hiroshi ShibutaniSenior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内におけるクライアント仮想化(主に仮想デスクトップ/仮想アプリケーションなど)の導入に当たって、ITバイヤー(ユーザー企業)が直面する課題を解決するための5つのプラクティスを示している。IDCでは、国内におけるクライアント仮想化を導入し、ビジネス課題解決に成功しているユーザー企業8社に対する取材結果を分析し、5つのプラクティスを導き出している。(Figure 2参照)クライアント仮想化は1996年に創出されて以来、約22年間、技術革新と利用の進化を遂げてきた。ITサプライヤーによる多くの製品技術/実装技術、ITサプライヤーおよびITバイヤー双方による利用技術/運用技術の進化によって、クライアント仮想化技術を中核としたデジタルワークスペースへと発展している。その用途は通常のオフィス業務から各産業分野の特殊業務まで、幅広く対応できるようになっている。

IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである渋谷 寛は、「クライアント仮想化は製品技術および導入事例が、一般業務から産業分野別に幅広く展開され、さまざまなノウハウが蓄積されている。このような経験を基に、ITバイヤーには、信頼できるITサプライヤーと共創し、自社に最適なエンドユーザーコンピューティング環境を構築することが求められている」と指摘している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us