TECH SUPPLIER Jul 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ43353018

2018年 国内IoT市場 データエコシステム/Data as a Serviceに関わるプレイヤー分析

By: Yuta TorisuSenior Market Analyst, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、モノが生成する「IoTデータ」と企業や人の活動が生成する「非IoTデータ」を組み合わせることで、ビジネスのマネタイズを推進するプレイヤーの集合体を「データエコシステム」と呼んでいる。また、データエコシステムを活用し、データに付加価値を上乗せして販売、流通させたり、データ分析結果を基に得られた収益をレベニューシェアしたりするビジネス形態を「Data as a Service」と呼んでいる。こうしたデータエコシステムやData as a Serviceに関わるプレイヤーはどのような取り組みを進めるべきかについて詳細な分析を行った。

IDC Japan コミュニケーションズのシニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太は、「ベンダーはデータエコシステムを通じ、バリューチェーン/サプライチェーンをつなぐことを念頭に、さまざまな産業特化型ソリューションの提供を進める必要がある」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us