TECH SUPPLIER Oct 2018 - Market Forecast - Doc # JPJ43366218

国内ストレージサービス市場予測、2018年~2022年

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内ストレージサービス市場を「コンサルティング」「導入/構築サービス」「管理/運用サービス」の3つのカテゴリーからなるプロフェッショナルサービスと、製品の維持メンテナンスを行う「保守サービス」に分類し、2017年の売上額実績と市場動向に基づいて、2018年~2022年の市場予測を行っている。

「デジタル化によってビジネス環境は変化が速まっており、対応するITシステムにも迅速性が求められるようになった。また、企業間のデータ連携も進むため、システムの可用性要求も高まっている。これらはストレージインフラ改革の必要性を促し、ストレージサービス需要を拡大する。今後はAI技術がサービス提供の各段階に応用されストレージ運用の自動化、自律化を進めるであろう」と、IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us