By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH BUYER Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ43370319

IDC FutureScape: Worldwide CIO Agenda 2019 Predictions - Japan Implications

By: Junichi Kokudo

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションは、2019年~2024年にCIO(Chief Information Officer)が対処すべき10項目の予測(Predictions)をまとめたものである。米国にて発行された『IDC FutureScape: Worldwide CIO Agenda 2019 Predictions(IDC #US44390218、2018年10月発行)』の内容を基に、国内市場の状況を考慮して一部変更を加えた。なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。

さまざまな技術、市場、エコシステムによる掛け算のイノベーションが経済成長を牽引する中、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みは指数的に拡大し、企業は自らを再定義する必要に迫られている。国内市場においてもDXに向けた取り組みは定着した。大手金融機関、保険会社、製造業などで成長戦略の推進に向け取り組みが加速し、CDO(最高デジタル責任者)やDX専任部門も増加している。その中で、ビッグデータやAIに適応したデジタルプラットフォームの構築、アジャイルやDevOpsのプラクティスの展開など、IT部門自身にも大きな変革が求められており、CIOの果たす役割は重要である。ところが、現実にはレガシーシステムの保守や運用などDXの取り組みとは矛盾しがちなミッションも抱える。CIOやIT部門のKPIを大きく変更するには他の幹部の納得と連携が必須であること、また、先端技術に対応した人材の確保や育成も難易度は高く、IT部門の変革は容易ではない。しかし、「会社を知り、技術を知り、組織と人材の全社最適を牽引し、DX時代のIT変革でリーダーシップを発揮し得るのは、CIOを置いて他にはいない。そのためにも、自身およびIT部門の役割を自ら再定義し、いち早く変革を成し遂げるべき」と、IDC Japan ITサービスのリサーチマネージャーである國土 順一は述べている。


Coverage

Content
  • 31 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us