TECH BUYER Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ43385119

IDC FutureScape: Worldwide IoT 2019 Predictions – Japan Implications

By: Yuta TorisuSenior Market Analyst, Communications, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションで、IDC Japan コミュニケーションズのシニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太は、世界と国内のIoT(Internet of Things)市場において、2019年から数年の間に発生するIoT技術に関する主要な10項目の予測(Predictions)について議論する。このPredictionsでは、国内IoT市場において起こりつつある変革について分析を行っている。

今年の「IDC FutureScape」では以下のトピックを中心に取り上げる。

  • 2021年までに、国内のIoT利用企業の50%が商用IoTプラットフォームを活用してアプリケーションを開発、展開し、またIoT利用企業の30%以上がマルチベンダー環境でIoTプラットフォームを利用する。
  • 2022年までに、国内では公共インフラ、交通機関、教育施設などに設置されたIoT機器が収集するデータに対してコンテキストを提供すべく、関連する監視カメラデータの45%が組み合わされた形で活用される。
  • 2022年までに大手製造業の20%は、自社アセットのデータを保有するステークホルダーに対し、データエコシステムを介して、そうしたアセットデータが利用できるようになることを望むようになる。

なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。


Coverage

Content
  • 30 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us