TECH SUPPLIER Nov 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ43995419

2019年 国内データ流通プラットフォーム市場機会分析:5G時代の大規模データ流通サービスプラットフォームの展望

By: Yoko OnoResearch Manager, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、今後のIoTデータ流通サービスプラットフォームの在り方について議論している。5Gのサービス開始などによって、膨大なIoTデータをアップロードすることの技術的ボトルネックが解消されつつある。このような流れを受け、国内では、政府や企業が「Society 5.0」の実現を目指してデータ流通サービスプラットフォームの構築に向けて動き出している。今後多くのデータ流通プラットフォームが構築されていくと考えられる。「大規模なデータ流通サービスプラットフォームを実現するには、スケーラビリティ、エッジの活用、リアルタイム性など、解決を必要とする技術的課題が多い。このような課題を解決できるユニークな技術を有するITベンダーが、今後のデータ流通サービスプラットフォームのエコシステムにおいて有利なポジションを獲得できる可能性が高い」と、IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである小野 陽子は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us