TECH SUPPLIER Jul 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ43995919

2019年 国内データエコシステム/Data as a Serviceに関わるプレイヤー分析:IoT関連事業者を中心に

By: Yuta TorisuSenior Market Analyst, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、企業がIoTプラットフォームを通じて収集するIoTデータや、基幹系システムに蓄積しているデータなど、企業内部におけるさまざまなファーストパーティデータを、外部のセカンドパーティ/サードパーティデータと掛け合わせ、新たなビジネスモデル/収益モデルを創出すべく形成するステークホルダーの集合体を「データエコシステム」と定義している。そのデータエコシステムに関わるさまざまなステークホルダーの中でも、特にIoT関連のビジネスに注力する事業者に焦点を合わせて調査を行い、その取り組みの現状と将来展望について考察を行っている。

IDC Japan コミュニケーションズのシニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太は、「ベンダーは用途/シナリオ特化型IoTソリューションの提供や、企業とのIoTを活用した共創活動を、データエコシステム形成を前提として進めるべきである」としており、また「ベンダーはIoTに取り組む企業の経営層のビジョンや、デジタルビジネスのシナリオのセンスを見極め、啓発活動やコンサルティングを通じ、IoT利用企業をデータエコシステムの世界の水準に引き上げていく努力を進めるべきである」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us