TECH SUPPLIER Nov 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ44109419

2019年 国内IT市場 企業変革に向けたIT活用の取り組み

By: Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内企業や官公庁の企業変革を目的としたIT活用動向に関して調査、分析したものである。また、それらを解決するために新しいテクノロジーを導入する際の課題や障壁についても調査、分析を行った。国内企業に対して、2019年9月に実施したユーザー調査の結果から経営課題と課題解決のためにIT活用による期待、ITによる企業変革、つまりデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み状況、およびDX推進を目的とした主要ソリューション利用動向の調査結果から、国内企業におけるDXを含めたITを活用した企業変革の取り組みの方向性を考察している。

国内IT市場はプラス成長で維持すると予測しているが、2020年以降、既存システム刷新案件のIT支出の伸びは、ハードウェアの低価格化、クラウドへのシフトなどによって低調となる一方で、大企業を中心にDXの取り組みが特に拡大するとみている。さらに今回の調査結果においてIoT、AIなどの新しいソリューションの利用動向においても、DXの取り組みが推進する企業で導入が進んでいる。つまりITサプライヤーにおいてDXを積極的に推進する企業と取引することが重要であるが、それだけではなく、既存の顧客企業に対してもDX推進を支援することが求められる。ただし、従業員規模、産業分野などによってユーザー企業のDXの動向は大きく異なるとみている。したがって、IDC Japan ITスペンディンググループのリサーチマネージャーである市村 仁は、「従業員規模、産業分野などによってユーザー企業のDX推進の状況、求められる支援ソリューションが大きく異なることから、ITサプライヤーには、ユーザー企業の状況に応じて柔軟に提案することが求められる」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us