TECH SUPPLIER Nov 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ44112719

2019年 国内企業におけるDXプラットフォームの状況

By: Yukiharu YorifujiResearch Vice President, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、IDCの提唱する「デジタルトランスフォーメーション(DX)プラットフォーム」の国内企業における現状についてアンケート調査を中心に調査、分析したものである。DXプラットフォームとは、企業内外のあらゆるデータ(人、プロセス、モノなど)と連携し、データを分析することによって改善、改革するためのアクションを導き出すアーキテクチャである。DX向けのシステムと、既存の基幹システムとの統合/連携が前提となる。

国内企業のDXへの取り組みは進んでいるものの、DXプラットフォームの構築は緒に就いたばかりである。そもそも全社規模でのDXプラットフォームの必要性に気づいていない企業も少なからず存在する。「ITサプライヤーは、顧客企業の成功に向け、データを中心としたDXプラットフォーム構築の必要性を、顧客企業の経営層を中心に理解してもらう必要がある」とIDC Japanのリサーチバイスプレジデントである寄藤 幸治は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us