TECH SUPPLIER Dec 2019 - Market Forecast - Doc # JPJ44563919

国内情報セキュリティ市場予測アップデート、2019年~2023年

By: Tsuneo TosakaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan, Kenichi AkamaResearch Manager

Abstract

本調査レポートでは、国内情報セキュリティ市場を分析し、2019年~2023年の予測を行っている。2020年の東京オリンピック/パラリンピックではサイバー攻撃の増加が見込まれている。サイバー攻撃は高度化が進み、検知されにくい攻撃手法が開発されており、未公表の脆弱性を突くゼロデイ攻撃や未知の脅威に対するセキュリティ対策も高度な分析が必要になっている。だが、セキュリティ専門技術者の人材不足で、サイバー攻撃によって発生するセキュリティインシデントへの対応が難しくなっており、重大なインシデントを見逃す恐れも生じている。

「製品サプライヤーやサービスプロバイダーは、セキュリティ運用の自動化を可能にするセキュリティオーケストレーション/オートメーション製品と連携したサイバーセキュリティソリューションを訴求すべきである。これによって、高度化するサイバー攻撃で生じる重大なセキュリティインシデントの見逃しを防ぐと共に、人材不足となっているセキュリティ専門技術者の負荷を軽減できる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us