TECH SUPPLIER Feb 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ44568119

2020年 国内ハイパーコンバージドシステム市場 ベンダー動向分析

By: Yukihisa HodeSenior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内ハイパーコンバージドシステム市場の市場背景、市場構造、参入ベンダーの競合状況やハイパーコンバージドシステムビジネスへの取り組み状況を分析し、国内市場の競争環境においてITサプライヤーが競争優位を維持、強化するための提言を示す。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのシニアマーケットアナリストである宝出 幸久は「国内ハイパーコンバージドシステム市場は成長期にあり、ITサプライヤーには売上額シェアの維持/拡大、ブランドの維持/強化が引き続き求められる。そのためには、自社のケイパビリティに応じたセグメント別戦略を構築すると共に、チャネルパートナーやパブリッククラウドプロバイダーなどとのエコシステムの形成を図り、顧客の反応に柔軟に対応しつつソリューションの完成度を高め、国内ハイパーコンバージドシステム市場におけるリーダーシップを確立することが重要となる」と分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us