TECH SUPPLIER Nov 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ44571619

2019年 国内ITサービス市場 準大手/中堅ベンダーのビジネス動向

By: Akihiro KimuraResearch Manager, IT Services, IDC Japan, Seiichiro YoshiiSenior Market Analyst, IT Services, IDC Japan, Masafumi InbeMarket Analyst

Abstract

準大手/中堅ベンダーを見ると、外資系グローバルベンダーの日本法人と日系(非外資系)ベンダーでは経営基盤に大きな違いがあるが、日系(非外資系)ベンダーは、主要ベンダーよりも組織規模が小さいメリットを生かし、迅速に経営基盤の強化を図り、事業環境の変化への対応を急ぐべきである。一方、外資系ベンダーは、海外人材を豊富に持つアドバンテージを生かすため、国内の体制を強化すべきであり、特に、顧客企業の要件を適切に拾い上げ、海外のリソースの持つデジタルケイパビリティを活用したプロジェクトの枠を設計できるコンサルタントを増強すべきである

本調査レポートは国内ITサービス市場における準大手/中堅ベンダーのビジネス動向およびベンダー間の競合状況について、ベンダー各社に対して行った調査や、多様なリソースから収集した情報を総合し、定性的/定量的に分析した結果をまとめたものである。また、国内ITサービス市場における準大手/中堅ベンダーの2018年12月期、および2019年3月期の国内ITサービス売上額を、IDC定義に基づき、3つのサービスセグメント別/6つの産業分野別に推定し、各ベンダーの事業動向/ビジネス動向をプロフィールとして掲載している。

準大手/中堅ベンダーを見ると、外資系グローバルベンダーの日本法人と日系ベンダーでは経営基盤に大きな違いがある。「国内ITサービス市場の準大手/中堅ベンダーの多くを占める日系(非外資系)ベンダーは、主要ベンダーよりも組織規模が小さいメリットを生かし、迅速に経営基盤の強化を図り、事業環境の変化への対応を急ぐべきである」とIDC Japan ITサービスのリサーチマネージャーである木村 聡宏は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us