TECH SUPPLIER Nov 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ44583319

2019年 国内カンバセーショナルAIシステム市場動向:ボットシステムと音声AI

By: Takashi ManabeGroup Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan, Nobuko IisakaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、カンバセーショナルAIシステム(対話型人工知能システム)の一つであるボットシステムを中心としたAIシステムの国内市場動向の調査結果を述べる。現在、IT市場では、カンバセーショナルAIシステムはFAQ(Frequently Asked Question)の回答速度/精度の向上と自動化、コンタクトセンターシステムでのオペレーター負荷の軽減/業務自動化など、顧客エクスペリエンス(CX)/従業員エクスペリエンス(EX)向上に利用され始めている。「カンバセーショナルAIシステムは、働き方改革や労働人口の減少によって、国内IT市場内での重要性が拡大する。ITサプライヤーはカンバセーショナルAI利用の目的と成果をCX側から考えた提案、および感情分析機能の信頼性/活用方法の検証をユーザー企業に提案すべきである」とIDC Japanのグループマネージャーである眞鍋 敬は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us