By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Feb 2019 - Conference Proceeding: Tech Supplier - Doc # JPJ44761119

IDC Predictions Japan 2019:働き方改革の次に目指すべき「働き方の未来(Future of Work)」の展望

By: Kazuko IchikawaGroup Manager, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Abstract

本Conference: Tech Supplierは、IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューションのグループマネージャーである市川 和子による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

IDCは2018年に、「働き方の未来(Future of Work)」というコンセプトを発表した。働き方の未来の最終的な目的は競争優位性を獲得することにある。そのために、ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースにおいて最新テクノロジーを活用して、顧客、パートナー、従業員のエクスペリエンスに変革を起こすことが、将来の競争優位性の確立につながるとIDCでは考えている。一方で、国内では働き方改革の施策としてテレワークやRPA(Robotic Process Automation)の導入が盛んであるが、それぞれの施策が部分最適を目指したものであり、働き方改革全体の目標が不明瞭である、もしくは近視眼的なものに留まっている場合が大半である。本プレゼンテーションでは、足元の働き方改革の現状を振り返りながら、ITサプライヤーがユーザー企業を働き方改革から働き方の未来へ導くための提言を行う。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us