TECH BUYER Feb 2019 - Conference Proceeding: Tech Buyer - Doc # JPJ44838219

IDC Storage Vision Japan 2019:デジタル化の技術革新が続く中で向かうべきデータマネジメント改革の方向性

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本Conference: Tech Buyerは、IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

2019年はSCM(ストレージクラスメモリー)がエンタープライズ向けに利用が始まり、データ処理はさらに高速化する。データをリアルタイムに把握し、意思決定を行うことが業務プロセスに組み込まれると、データの可用性確保や決定の基となるデータ精度改善などデータ運用の優劣はビジネスに成功に直結する。本プレゼンテーションでは、デジタル化で先行する米国のデータサービス市場の動向を参考に、データ運用変革の方向性について考察する。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us