TECH SUPPLIER Feb 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ45262920

2020年 国内MaaSエコシステムプレイヤーの動向とITサプライヤーの事業機会

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

MaaS(Mobility as a Service)は、自動車や交通/運輸関連産業に留まらない広範な社会/事業領域において、デジタルトランスフォーメーション(DX)につながる大きなインパクトを生み出す可能性がある。本調査レポートでは、MaaSの概念を整理し、社会的/事業的インパクトの広がりとMaaSエコシステムプレイヤー動向の分析から、そのインパクトの拡大に伴うITサプライヤーの事業機会の考察を行う。IDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである敷田 康は「国内において統合型MaaSを実現するに当たっては、規制の見直しを含む政府の後押しが必要となる。ITサプライヤーは、政府が目を向ける社会的課題の解決という視点でのDXソリューション提供を志向することで、MaaSエコシステムにおけるプレゼンスの確立を図るべきである」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us