TECH SUPPLIER Dec 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ45626619

2019年 国内サービスベンダーのサブスクリプション型ビジネス管理プラットフォームに対する取り組み

By: Seiichiro YoshiiSenior Market Analyst, IT Services, IDC Japan, Masafumi InbeMarket Analyst

Abstract

サービス型ビジネスへのシフトが進む中で、国内ITサービスベンダーにおいてサブスクリプション型ビジネスへの取り組みが行われている。それに伴い、サブスクリプション型で提供するサービスの管理のために、多くのベンダーではサブスクリプション型ビジネス管理プラットフォーム導入の必要性を意識するようになっている。しかし、既存の社内システムやプロセス、制度などと合わず、本格的な導入には至っていないのが現状である。「国内ITサービスベンダーは、まず注力するサブスクリプション型ビジネスの種類を明確にすべきである。統合型サービス管理プラットフォームを導入する際は、それに合わせて自らもTransform(変革)すると共に、まずはクラウドネイティブの新しいサービス向けに限定して適用すべきである」と、IDC Japan ITサービスのシニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us