TECH BUYER Feb 2020 - Conference Proceeding: Tech Buyer - Doc # JPJ45974620

IDC Storage Vision Japan 2020:新技術が及ぼすストレージ運用/データ活用への影響

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本Conference Proceeding: Tech BuyerはIDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

現在、多くの新技術が速いペースで進化を続けている。そこには、AI、IoT、コンテナといったストレージの要件に影響を与える側の技術と、Software-Defined Storage、SCM(Storage Class Memory)、QLC(Quad Level Cell)などストレージのテクノロジーもある。本講演では、これらの技術がストレージやデータの運用をどのように変革していくのか、グローバルトレンドを参考にしながら分析、考察する。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us