Abstract

本調査レポートでは、「Future of Trust(信頼の未来)」について説明し、信頼の定義を提供する。信頼によって、2つ以上のエンティティ(他と明確に区別される実体)間で意思決定を行うことができる。これによって、定量化可能なリスクと相互利益のためのトランザクションの発生を可能にする主観的な評価の両方に関する信頼性のレベルが反映される。信頼の議論には、許容可能な不確実性や大規模な透明性などの新しい用語が導入される。信頼とは、リスク、コンプライアンス、プライバシー、社会的責任、さらにはビジネス倫理などの属性を含めたセキュリティに関する議論の水準を高めたものを指す。これらの要素は、ネガティブな結果を防ぐために企業が「しなければならない」ことから、企業が「すべき」ことへ議論の切り口を変えることである。したがって、セキュリティ、リスク、コンプライアンス、プライバシーに対する従来のアプローチは、範囲と規模の両方で課題に直面している。

「信頼とは、デジタルトランスフォーメーションが組織の脅威ベクトルを拡大する中、リスク、コンプライアンス、プライバシー、さらにはビジネス倫理などの属性を含めたセキュリティに関する議論の水準を高めたものを指す。ただし、損害を軽減することだけでなく、収益を最大化することでもあり、収益、費用、株主価値に差別化された影響を与えることでもある」とIDC Security and TrustのプログラムバイスプレジデントあるFrank Dicksonは述べている。

本調査レポートは、『Future of Trust: Defining Trust(IDC #US46185920、2020年4月発行)』の日本語翻訳版である。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us