By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

30 Sep 2019

2019年第2四半期 国内サーバー市場動向を発表

Japan, 2019年9月30日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2019年第2四半期(4月~6月)の国内サーバー市場動向を発表しました。2019年第2四半期の国内サーバー市場全体の売上額は1,090億円で、前年同期から6.0%減少しました。出荷台数は12万台で、前年同期から2.5%増加しました。

2019年第2四半期の国内サーバー市場は、売上額が前年同期比でマイナス成長となりました。製品別ではx86サーバー(注1)が、前年同期比で僅かに減少、メインフレームとその他のサーバー(注2)が、前年同期比2桁のマイナス成長となりました。

x86サーバーは、売上額が前年同期比0.9%減の929億円でした。出荷台数は、前年同期比2.8%増の11万9,300台でした。なお、Standard Server(注3)は、売上額が前年同期比5.3%増の809億円、出荷台数は、同10.2%増の10万3,800台でした。Custom Server(注3)は、売上額が前年同期比29.0%減の120億円、出荷台数は、同29.0%減の1万5,500台でした。

Standard Serverは、流通、文教、金融、ヘルスケア、製造向けの大口案件があり、売上額、出荷台数共にプラス成長となりました。一方、Custom Serverは、ODM Directを中心に、クラウドサービスベンダー向けの出荷が減少し、売上額、出荷台数共にマイナス成長となりました。Custom Serverの売上額が、マイナス成長であったことが、x86サーバー全体の売上額がマイナス成長となった要因となりました。

メインフレームは、売上額が前年同期比19.4%減の106億円でした。金融、製造、流通向けの大型案件などがありましたが、メインフレーム市場を牽引するほどの規模には至らず、2桁のマイナス成長となりました。その他のサーバーは、売上額が前年同期比39.7%減の55億円でした。金融、官公庁、製造向けの大型案件がありましたが、前年同期にあった金融や製造向けの大型案件の反動で2桁のマイナス成長となりました。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの下河邊 雅行 は「クラウドサービスベンダー向けの出荷が減少した背景として、主にグローバルクラウドサービスベンダーによる国内データセンターへのサーバー導入が、次の投資機会を前に一服したことがあげられる」と述べています。

カンパニー別売上額では、富士通が首位を維持しました(参考資料)。次いで、NEC、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、デル テクノロジーズ(Dell Technologies)、IBMの順でした。IBMは、前四半期より順位を一つ上げ5位となりました。出荷台数は、NECが首位を維持しました。次いで、富士通、HPE、Dell Technologies、日立の順でした。上位5社の順位に変動はありませんでした。



注1: 「x86サーバー」は、x86アーキテクチャのプロセッサーを採用しWindows、Linuxなどオープン系のOSを搭載したサーバーです。Itaniumプロセッサーを搭載したサーバーやベンダー独自OSを搭載したサーバーはx86サーバーに含めません。また、「x86サーバー」と「メインフレーム」以外のサーバーを「その他のサーバー」として記載しています。

注2: 「その他のサーバー」は、「RISCサーバー」、「IA64サーバー」、「ビジネスサーバー」、「スーパーコンピュータ-」の総称として使用しています。

注3: x86サーバーは、Standard ServerとCustom Serverに分類されます。Standard Server とは、ベンダーが公開するカタログに掲載されたサーバーで、標準的なマザーボードや筐体をベースとしたサーバーです。Custom Serverとは、主にクラウドサービスベンダーが、ODM Directなどから調達するサーバーで、マザーボードや筐体が、特定の顧客や用途向けに設計されたサーバーです。



<参考資料>

2019年第2四半期 国内サーバー市場カンパ二―シェア【売上額】

Source: IDC Japan, 9/2019

Coverage