14 Nov 2019

国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場シェアを発表

Japan, 2019年11月14日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、SDN(Software-Defined Network)に代表されるネットワーク仮想化/自動化の主要構成要素である国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場に関する2018年のベンダーシェアを発表しました。これによると、コンピューティングの仮想化/自動化に強みを持つヴイエムウェアが市場をリードしていることが分かりました。

2018年もヴイエムウェアは、国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場で高い成長を実現しました。その背景には、競争力が高くインストールベースが広大なヴイエムウェアのサーバー仮想化環境における仮想化/自動化の次のステップとして、VMware NSX Data Centerを活用したネットワーク仮想化の導入に顧客が着実に進んでいることが挙げられます。ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場を提供形態別で分類したNVO(Network Virtualization Overlay)ソフトウェア市場において、2018年は72.6%のシェアを占め他の追従を許さない状態を作り出しています(図参照)。

また、ネットワークインフラストラクチャ市場で高いシェアを有するシスコシステムズも、ヴイエムウェアと共に国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場を牽引しています。ネットワーク仮想化/自動化プラットフォームの提供形態の1つであるコントローラーアプライアンス市場では、61.7%のシェアを獲得しています(図参照)。データセンターネットワークの運用、構築のいっそうの効率化や自動化を推し進める中でCisco ACIの採用が進んでいることに加えて、企業ネットワークの自動化を柱とするCisco DNA Centerの導入も加速してきています。

ソリューション開発の面でも、ヴイエムウェアとシスコシステムズは、マルチプラットフォーム化を推し進め、アジャイル開発やサブスクリプションモデルを採用するなど、市場の動きを牽引しています。IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野 賢一 は「ネットワーク仮想化/自動化市場をリードしようとするベンダーには、ネットワーク分野におけるサブスクリプションモデルの有用性と活用方法の啓発活動が求められる。特に、サブスクリプションモデルの価値を十分に発揮する企業のネットワーク運用体制への転換を促すことが重要である。企業ネットワーク運用管理のトランスフォーメーションが、サブスクリプションモデルの受容には欠かせない」と述べています。

今回の発表はIDCが発行した国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場シェア、 2018 年:アジャイル開発とサブスクリプションモデルの胎動 にその詳細が報告されています。本調査レポートは、国内ネットワーク仮想化/自動化市場の主要構成要素であるネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場の2018年のベンダーシェアとベンダー動向を分析しています。



<参考資料>

国内NVOソフトウェア市場、コントローラーアプライアンス市場 ベンダー別 売上額シェア、2018年

Notes:

  • IDCの推定
  • NVO Software(Network Virtualization Overlay Software)ネットワーク仮想化オーバーレイソフトウェア
  • Controller Appliance:主たるフォームファクターがハードウェアアプライアンスのネットワーク仮想化/自動化コントローラー

Source: IDC Japan, 11/2019

Coverage

Companies Covered

VMware, Inc., Cisco Systems, Inc.


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Networking virtualization