TECH SUPPLIER Sep 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ44562819

2019年 国内クライアント仮想化市場ROI分析: インテリジェントワークスペースの投資対効果

By: Hiroshi ShibutaniSenior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Table of Contents

Executive Snapshot

Figure: Executive Snapshot:2019年 国内クライアント仮想化市場 ROI分析

市場開拓と市場動向

IDCによるROI分析手法

ROIとNPV

ベネフィットと投資額

投資回収期間

クライアント仮想化製品のROI分析手法

投資額の算出方法

ベネフィットの算出方法

投資回収期間の算出方法

Figure: ROI概要

ベネフィット調査項目

Table: クライアント仮想化製品 ベネフィット算出項目:エンドユーザー

Table: クライアント仮想化製品 ベネフィット算出項目:IT管理者およびITスタッフ

Table: クライアント仮想化製品 ベネフィット算出項目:企業全体

2019年 クライアント仮想化製品のROI分析結果

Table: クライアント仮想化製品のROIデータ

Figure: クライアント仮想化製品のキャッシュフロー

Table: クライアント仮想化製品 基礎データ

Figure: クライアント仮想化製品のROIデータ(ベネフィット)

デジタルワークスペースROI分析比較

Figure: インテリジェントワークスペースモデル

Figure: デジタルワークスペース関連の経営課題/ビジネス課題

Table: 経営課題解決デジタルワークスペース導入企業/インテリジェントワークスペース導入企業との比較データ

ITサプライヤーへの提言

参考資料

関連調査

調査方法

回答者数

調査期間

調査対象

回答者属性

Table: 役割別の回答者分布

公知データ

Synopsis

Content


Related Links