TECH BUYER May 2020 - IDC Perspective - Doc # JPJ45138220

2020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Table of Contents

Executive Snapshot

Figure: Executive Snapshot:2020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査

概況

データ管理の成熟度モデルと国内企業の分布

Figure: データ管理におけるユーザー成熟度分布

成熟度の判定に用いた項目ごとのユーザー様態5段階分類

Table: データ管理におけるユーザー成熟度:項目による各段階の様態

成熟度の項目ごとの5段階分布

Figure: データ活用の業務への貢献度

Figure: データ利用度

Figure: クラウドとのデータ連携

Figure: データ分析能力、人材などのリソース

Figure: データ品質の整備状況

Figure: データガバナンスの整備状況

Figure: データ品質管理ソフトウェアによる自動化

Figure: コンプライアンス管理ソフトウェアによる自動化

各項目が与える貢献度への影響に関する重回帰分析を用いた考察

Table: データ活用の貢献度に対する他の項目の影響(重回帰分析)

Figure: 経営層のデータ重視姿勢

Figure: データ管理責任者の設置状況

成熟度別ユーザーの傾向とその特性が生まれる背景の考察

第1段階のユーザー傾向

Figure: 分析を強化するための課題(貢献度別)

第2と第3段階のユーザー傾向

Figure: 利用中のデータの種類(貢献度別)

第4段階のユーザー傾向

Figure: DXへの取り組み歴/状況(貢献度別)

第5段階のユーザー傾向

Figure: レガシーマイグレーションの状況(貢献度別)

マルチクラウド化とデータ運用改革の実態

Figure: 効果が得られたデータ運用改革(SaaS利用社数別)

Figure: 次に取り組むべきデータ管理の改革(SaaS利用社数別)

ITバイヤーへの提言

参考資料

関連調査

Synopsis

Content


Related Links