Table of Contents

Executive Snapshot

Figure: Executive Snapshot: Japan IT Market 2020 Top 10 Predictions

市場開拓と市場動向

調査概要

グローバルITと事業企画を形作る重要な外部ドライバー

概況

ITサプライヤーに向けたTop 10 Predictions 2020

Prediction 1:2020年の国内ICT市場は、前年比1.3%減となるが、デジタルトランスフォーメーションに向けた支出は着実に増加する。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 2:DXで全社最適の実現を目指す企業が増加すると共に、Future of Workの重要性が増大する。

ITサプライヤーへの提言

Figure: Future of Work

Prediction 3:2020年の国内クラウド市場は高い成長を継続するが、カオス期を迎える。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 4:社外とのデータ共有を行うためのテクノロジーの技術進化が安心感の醸成に寄与し、サプライチェーンなどの分野で適用事例が広がり始める。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 5:約半数の企業がビジネスプロセスにインテリジェントな自動化を組み込み、AIベースのソフトウェアを使用して、運用および顧客/従業員エクスペリエンスを実現する。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 6:東京オリンピック/パラリンピックでデジタル化が進み、サイバー攻撃による被害は甚大化し、リスクベースアプローチによるサイバーセキュリティ対策の重要性が認識される。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 7:エンタープライズインフラに対する「データ基盤」としての要求が高まる中で、エッジでの競合が本格化する。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 8:これまでプロダクトベンダーで先行してきた「as a Service」ビジネスへの取り組みが、サービスベンダーにおいても本格化する。

ITサプライヤーへの提言

Prediction 9:アジャイル開発とクラウドネイティブアプローチによるレガシーシステムのモダナイゼーションが加速し、DX向けハイスキル人材の獲得競争が激化する。

ITサプライヤーへの提言

Predictions 10:5Gサービスが開始される。2020年時点では5Gの利用は限定的だが、アプリケーション分野で、5Gの利用拡大に向けた布石が打たれる。

ITサプライヤーへの提言

ITサプライヤーへの提言

参考資料

外部ドライバー:詳細

イノベーションの時代 — Future Enterpriseに向けて

加速するディスラプション — 激しい変化の中、ビジネスを正しい方向に導く

プラットフォームエコノミー — 「超」大規模な競争

計測、計算、行動 — データの価値を最大化する

デジタルトラストの危機 — 脅威を、不可欠な戦略的課題へと昇華させる

地政学リスク — 社会的および経済的な緊張が高まる

どこでもインテリジェンス — AIがもたらす機会と、示唆するもの

高まる顧客の期待 — 便利さ、カスタマイズ、コントロールの追求

物質世界を再考する — プロセスの革新がテクノロジーの適用範囲を広げる

働き方の未来 — アジャイル、拡張、ボーダーレス、そして再構成可能

人口動態のパラドックス — 広がりつつある地域経済と政治の断層

インテリジェンスの経済 — AI、人、組織の「学習」が、比類なき優位性を生み出す

関連調査

Synopsis

Content


Related Links